「運」とか「感情」とかを味方につける、みたいな本を買って、毎日順番に開いて、そのページをマネして書く、というのを続けているのですが、どうにもこうにも、その《運を味方につけて毎日キラキラ!》(仮名)の考え方と、私の考え方は、まるで逆のような気がする。けれども、私は毎日キラキラです。おほほ。

 

他人のFacebookとか、ブログとか読んでて、「自慢なんか読まされても何も面白くねーよ!」と思うのですが、なんで自分も自慢を書いちゃうのか。だって、毎日キラキラなんだもん。わはは。

 

《運を味方につけて毎日キラキラ!》(仮名)には、「感情が伝染して、運を引き寄せるのです」みたいなことが書いてあるけど、えー、そうなの? まあ、「みたいなこと」で正確な引用じゃないから、批判も否定もまるで意味はないのですけど。

 

なんというか、世界における“現象”は目に見えたり数字にできたりするけど、感情とか気分とか運とかって、解釈次第なんですよね。「私は気分がいい」と思えば気分がいいのだし、「なんか今日は気分が悪い」と思えばそれはその通り気分が悪いのでしょう。

 

脳内の世界をつきつめると、どんどん科学的な根拠のない方向へいって、その人はますますネガティブな世界にしか住めなくなるのではないかな。

 

試してみたらいいと思うのは、すべてを数字で考えること。気分が重かったら、睡眠時間を考える。毎日〇時に寝る、というのを守る。体重計に乗ってみる。毎朝、脈拍を図ってみる(やったことないけど)。

 

タウリン〇㎎、とかも数字でしょ。あと、万歩計の数字とか。〇日に1回はランニングする、とか。今週は〇㎞ウォーキングした、とか。全部、数字。嘘がつけない現象。

 

あー、書いてて思ったけど、最近私、運動してないわー。運動してないと、てきめんにメンタルが落ちるので。何かしなければ。せっかく水着も買ったのにー。やっぱりプールはめんどくさいのだよねー。ウォーキングするかー。しかし、膝と腰がちょっと心配。

 

プール、行きたいなー。

 

「ポジティブな感情をもつ」ことを書こうと思ったのに、運動不足の話になっちゃったよ。