美女車

2017/11/10

写真と本文はまったく関係ありません。

鳩車という 籐で編んだお土産物がある(信州名産)

なので わたしは

美女車というお土産物を考えた

それは 籐で編んだ 上半身だけの女体である

美女とあるが 顔は ない

ただむなしく 女体である というだけである

ただし 

胸のふくらみはある

くびれはある

そして なぜか 穴がある

北アルプスから雪解け水

春には春の風が肋骨のすきまを駆け抜け

秋には秋の風が腰骨のすきまを駆け抜け

からからりん からからりん・・・・

美女車は乾いた声で笑う

職人さんが3日がかりで作ります

美女車に脚はなく 両端に大きな車輪がついている

でもそれは動くためでもないのです

何の役にも立たないお飾りものです

今日はたいそう久々に休日で、好きなことをして過ごしました。

昼まで寝て 猫カフェに行って プリンタを買って 家で曲作りをしました。

曲作り・・・6月のライブに向けて 先月くらいまで作ってた作品が気に入らなくなり

それを没にして ぜんぜん別のを書き直しているという なさけない状況です・・・。

猫カフェでは猫の方から近寄ってきました。

みみ みみ かゆし かいておくれよ・・・・。

あしもみにきました。

そういえば・・・

道端でもこのところ 猫が近寄ってきてくれて うれしい悲鳴です。

のらちゃん??

近づいてきました。

さて、また明日から仕事の日々ですが、

大人買いした救急車のクリアファイルで、よい仕事をしたいと思います!